読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら

日々気づいたことや、誰ともなしに伝えたいことを溜めておく場所です。

「私が神様だったら こんな世界はつくらなかった」

f:id:sm0mo:20150310121203j:plain

 

f:id:sm0mo:20150310121227j:plain

f:id:sm0mo:20150310121211j:plain

 

 

わざわざ見に行かなくても、近所に梅が咲く季節になった。久しぶりにCanonを持ち出して撮ったら、なんだかピンぼけした写真ばかりになってしまった。今日は3月11日。4年前の私は、「それ」が来たときアカペラの練習に行こうとして化粧をしていた。驚いて机の下に逃げ込んだ次の瞬間、鏡と本棚が私のいた場所に崩れ落ちた。ルームメイトと共に外に出たら、たくさんの人が外に出てきていた。大学に避難する。宿舎の食堂にたくさんの学生が集まった。大きなテレビに映し出されたのは「海岸に100人ほどの遺体か」なにか違う世界の出来事のようだった。水道もガスも電気も止まっていたから、その日は友達の家で余震におびえながら眠れない夜を過ごした。福島の友達はずっと泣いていて、そのとき私は彼女がどうして泣いているのかまだ推し量ることができなかった。先輩の卒業ライブが中止になった。卒業式が延期になった。友人たちの就職活動が延びた。日本中がストップしたみたいだった。Facebook上では留学していた友達がこぞって頑張れ日本と書き込んだ。いつこの異世界から抜けるんだろうと思ったけど昨日の続きは今日だったし、このまま世界がひっくり返って人生がすべてリセットされるのかなと不謹慎にも期待したけれど今日の続きは明日だった。そして4年間が積み重なって今日に至る。「それでも世界は回って行く」ゆっくりとではなく、いつもの速いスピードで。あの日は今日みたいに少し寒かったっけ。こんなに梅が見頃を迎えていた季節だったっけ。今でもあの揺れを思い出してぞっとするし、混乱や悲しさを思い出して胸がぎゅっとなる。

 

 

地面が割れても誰かが死んでも世界は変わらないし終わらない。

昨日の続きは今日だし、今日の続きは明日だ。

 

 

…ただ少しずつ未来を変えていくために、

今日を生きることを許された私は少しでも精一杯今日を生きるんだ。

 

 

 

f:id:sm0mo:20150310121250j:plain

 

上に向かって枝を伸ばして咲く梅のように。