読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら

日々気づいたことや、誰ともなしに伝えたいことを溜めておく場所です。

coming soon…

f:id:sm0mo:20150830121450j:image

f:id:sm0mo:20150830121458j:image

f:id:sm0mo:20150830121512j:image

もうすぐパパとママ。

身近な人に子どもが生まれたり、妊娠したり、朝ドラまれの影響もあって、子育てネタに弱くなってきた今日この頃です。すぐ涙腺緩むっ。


マタニティーフォト、初めて撮らせて頂きました。

反省点、山のようにある……
室内だからといって構図固定されちゃって、どうしてもっと足を使わなかったんだ!とか、逆光だけじゃなくサイド光とか順光だって試せたんじゃないか!とか、ピント合ってないとか、もっと被写体さんにポージング提案すべきだったなとか………………

毎回、撮っていて自信がないのです。本番であればあるほど。上手く撮らなきゃ、っていうプレッシャーに弱いのです。一人で気ままに練習してる時はあんなに楽しんで撮れるのになぁ。上手く撮れない度に凹むのです。


だけど、プロの方も自信がないんだって。

自信が無いから、シャッターを切るその瞬間までにできることをやるんだって。


シャッター切るまでにできること、どんなことがあるだろうか。

構図はこれでいいのかな?光は思うように捉えられている?露出は適正かな?もっと前のことを言えば、被写体さんを活かすためにはどの場所で撮るのがいいかな?ロケハンで試し撮りしてみた?……

無限に思いつかないあたり、私にはまだまだシャッターを切るその瞬間まで「追い込む力」が足りないみたいです。

スナップなら良いんだけどね。頼まれてやるポートレートなんかは、準備が全てなのかもしれない。


今までやってきた絵も音楽も、人前に出すまですっごく準備して出してきた。

写真は簡単に撮れちゃうから準備を怠りがちだけど、頼んで撮ったり頼まれて撮るような写真を撮る時には、もっともっと準備を仕込まないとダメだな、と反省しました。

良いシャッターチャンスって突然にやってくるから、そこを逃さないようにちゃんと準備しなくちゃね。


写真って難しいなぁぁ。