読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら

日々気づいたことや、誰ともなしに伝えたいことを溜めておく場所です。

写真を載せるのに良いSNSとは

写真を載せるSNSって何が一番しっくり来るんだろうか。ちょっと考えてみた。


1.インスタグラム

https://instagram.com/p/7WzUZHKqy7/

saya (@sm0mo) • Instagram photos and videos


最近はインスタグラムにばかり写真を載せています。ずっと真四角写真にしか対応していなかったけれど横長縦長写真にも対応するようになったことで使いやすくなった印象。


メリット
  • タグ付けがしやすく、タグさえつければ写真を世界中の人に見てもらえる。
  • 写真メインのSNSなので、純粋に写真を載せる行為を楽しめる。
デメリット
  • プレビューの真四角表示、写真が勝手にトリミングされてしまうから結局枠をつけて全体が見えるようにしている。35mmにも対応してくれたら嬉しいなぁ。
  • 写真を一枚ずつしか載せられないので、連作で見てほしい時にグループ化できないのは残念。フォトアルバム機能とかあればいいのに。


2.Twitter

早瀬サヤ (@sayahayase) | Twitter


言わずともしれたTwitter。写真を載せるSNSではないけれど、写真アカウント作って写真好きさんと交流するの楽しい。

メリット
  • ハッシュタグやフォローをすることで写真好きな人と繋がれる。有名な写真家さんと会話できたことも(!)
  • 気軽につぶやけるし、気軽に写真を載せられる。
デメリット
  • 写真を載せるSNSではないので、写真だけを見てもらうことが難しい。流れが速くて流れてしまうことしばしば。
  • 写真4枚までしか載せられない。ちょっと中途半端な枚数…

3.Tumblr


あんまり日本では普及してないけど、写真やイラストを載せるのに便利なSNSハッシュタグもつけられるし、何枚も写真を載せてグループ化することも可能。

メリット
  • ハッシュタグで世界中の人に作品を見てもらえる。
  • 写真を何枚も載せられるので、連作としてグループ化した作品を見てもらえる。
デメリット
  • あまり普及してないためか、ハッシュタグつけて写真載せても反応がほとんど得られない。
もっと普及してくれたら文句無しなんだけどなー。


4.Facebook

これも言わずとしれたやつですね。個人情報保護のためリンクは貼りませんが笑

メリット
  • ほぼ確実にいいね!をもらえる
  • 写真アルバムを作れるので、連作として作品を見てもらいコメントもしてもらうことが可能
  • 人物写真を載せることに抵抗が薄い

デメリット
  • 公開設定によるけど、身内にしか見てもらえない
  • 本当に写真を評価されているのかどうかは謎

5.はてなブログ(おまけ?)

これです。笑
はてなブログのブログとしての良いところは、他のブログと違ってブログ書いてる人同士が繋がれるところ。私も旅好きさん、写真好きさんとたくさん繋がれて情報交換したり交流したりできています。

メリット
  • ブログなのに趣味が同じブロガーさんと繋がれる。
  • 長文が書けるので、文章つきの写真作品を載せることができる

デメリット
  • 写真のアップロード制限がある
  • ブログなので、写真をメインにしにくい、他のSNSと違って気軽に見てもらいにくい

ざっくりまとめ。

私が利用しているのはこんなところでしょうか。
結局どれが一番いいというのはなくて、一長一短。個人的にはタンブラーがインスタグラム並みに普及するか、インスタグラムにアルバム載せられるようになったSNSがほしいなーという印象。
もっと写真を写真展や写真集のように作品として公開できて、なおかつ写真好きな人と簡単に繋がれるSNSがあれば最高なのにな、と思います。

せっかく撮った写真だもの、やっぱり誰かに見てほしいですよね。
上記にあげたSNSには常駐していますので笑、気になってくれた方はぜひフォローして繋がりましょう〜(*^^*)!