読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらさら

日々気づいたことや、誰ともなしに伝えたいことを溜めておく場所です。

おとなとこどもの境目はどこなんだろう

帰省から帰ってきたら、郵便受けに手書き宛名のしっかりしたきれいな封筒が一枚。

 

なんと、人生初の!結婚式の招待状でした!!!

うわわわわ!うれしいぃぃぃ。

 

お返事はどうやって書くんだろうとか、

ピンヒールもドレスも持ってないから買わなきゃとか、

3か月も先のことなのに、もう既に色々と考えてしまってます。

 

 

結婚かぁ。

 

最近、同年代の女子と会うと、

かな~~~~~~らず、誰と話していても、結婚の話題でもちきりになる。

(よね、ということを話すと、ほぼ全ての同年代女子が同意してくれる。笑)

 

私ももう干支を二周りしたんだもんね。

まさに、結婚適齢期真っ盛りなんだよね。

 

 

実際に今年は2つ結婚式やパーティーにお呼ばれしてもらえる予定だし、

既に結婚した同期もいれば、2コ上くらいの先輩の代は結婚ラッシュだったりして。

Facebookでも遠い知り合いが入籍報告してたり結婚式の写真あげてたりで。

そりゃあ結婚の話題にもなるよなぁ、と思うわけです。

 

当の私はまだ社会人1年目で、すぐにプロポーズしてくれそうなお相手がいるわけでもなし、全く結婚間近なんて意識無いのですが。

あと2年くらい経って周りがもっと結婚し始めて、自分が結婚出来そうな環境になかったら、やっぱり焦るんだろうなぁ。

 

 

 

でもやっぱりまだ結婚なんてどこか遠い未来の話で、

気持ちとしては大人というよりは大学生の方が近いような気がして、

めまぐるしくあっという間に過ぎていく時間に呑みこまれ流されることで精一杯。

 

おとなとこどもの境目はどこなんだろう、

でもきっといつかそれがくっきりと見える日が来るのだろう、

漠然とそう思っていた子どもの私は、気がつかないうちに「子ども」と「おとな」の中間の位置でふわふわと浮かぶ、どっちつかずの存在になっていた。

私は子どもなのかおとななのか。たぶんおとななんだろう。でも気持ちはまだまだ全然子どものまんまだ。

 

 

 

そんな感じで、私はいまどこにいるべきなのかふわふわしている不安定な「未おとな」だと思います。

焦る必要もないけれど、流される毎日の中でも自分をしっかりと見つめていかなきゃな、と思っています。